完母→完ミへの道のり ~④断乳の記録~

2010.09.18 18:43|完母→完ミ
★断乳1日目
  おっぱいの張り:★★★★★ MAX
  おっぱいの痛み:★★★★★ MAX

1日目は、今でも思い出すとぞッとします。
おっぱいは、ありえないくらいパンパンで、本当に痛ーーーーーーい。
しかもカバサールの副作用で、吐き気が酷いです。まるでつわりのよう。

土曜の午前中に急いでクリニックに電話しました。
辛いようであれば3時間に1回程度おちょこ一杯分くらい
おにぎりを握るようにおっぱいを圧迫して搾ってもいいです、とのこと。
とにかく冷やしてください、と言われました。

たくさん冷えピタとキャベツを買ってきてもらい、冷えピタを張り
冷やしたキャベツを当てて、なおかつ保冷剤を脇の下に挟み
頑張って冷やす私。

痛いだけならまだマシなんですが、なんと夜には38度の発熱で意識も朦朧。
まさか乳腺炎??と不安になりながら、土曜の夜に、救急で見てくれる
病院を探す羽目に。。。
(結局、カバサール飲んでいるなら冷やすしかないと言われ、自宅安静に)

明日には主人はドイツへ行ってしまう…と焦り、主人と二人で考えて
どこかに頼ろうということになりました。
幸い、主人の実家でレオを預かって頂けるということになり、
ほっとしました。

そして、その夜も呻く私…

★断乳2日目
  おっぱいの張り:★★★★★ MAX
  おっぱいの痛み:★★★★★ MAX

相変わらずのおっぱいを抱えて、朝からレオを送りだす準備。
主人は私のことを考えて、たくさんの食事を作り置きしてくれました。
ありがたや~。

お昼すぎに主人の両親が来てくれて、レオを連れて行ってくれました。
ちょっと寂しくなりましたが、電話やメールにて近況を知ることができ
安心しました。
そして、ママも頑張るぞっと気合を入れ直し、メソメソせずに
ひたすらおっぱいを冷やすことに専念。


★断乳3日目
  おっぱいの張り:★★★★★
  おっぱいの痛み:★★★★☆

母乳を絞る感覚が4時間くらいに空いてきました。
おっぱいは、ガッチガッチのパンパンです。
吐き気はおさまってきましたが、食欲は相変わらずなく、
ほとんど食べられませんでした。


★断乳4日目
  おっぱいの張り:★★★☆☆
  おっぱいの痛み:★★☆☆☆

母乳外来を再び訪れ、半分ほど絞って頂き、
かなり楽になりました。

まだ張り返しがくるので、全部は搾らずに帰ってきました。
その日は、1回ほど自分で搾りました。

★断乳5日目
  おっぱいの張り:★★★☆☆
  おっぱいの痛み:★★★☆☆

レオが戻ってきました~!
どうやら、実家でよくしてもらえたようです(^^)
本当に助かりました。

おっぱいは、昨日の搾乳により、少し張り返しがきました。
でも1回も搾らずにいけました。

★断乳6日目
  おっぱいの張り:★★★☆☆
  おっぱいの痛み:★★☆☆☆

まだまだ、おっぱいを冷やしています。

★断乳7日目
  おっぱいの張り:★★☆☆☆
  おっぱいの痛み:★★☆☆☆

再度母乳外来へ行き、しぼってもらいました。
でもあまり搾らず(搾っても張り返しがきちゃうから)。

追加のお薬なしで大丈夫そうとのこと。
あと一週間ほどで、胸の中にある母乳も体に吸収されますよと
いうことでした。

とうとう一週間後には歯の治療。間に合ってよかった。

テーマ:育児日記
ジャンル:育児

完母→完ミへの道のり ~③カバサールで断乳~

2010.09.18 18:43|完母→完ミ
完母→完ミへの道のり ~②哺乳瓶選び~」に続き、
今回はとうとう断乳に挑戦です。

お風呂上りに、ミルクを30mlほど飲む習慣ができました。
よし、ここまできたら断乳できるかなと思い、
意を決して母乳外来があるレディースクリニックへと
足を運びました。

(予め区の保健師さんに電話相談して、母乳外来がある近くの
 レディースクリニックを教えてもらっていました。)

生後6ヶ月くらいに断乳だなんて、なんて言われるかしら…とドキドキしていましたが、
そこの助産師さんはとても優しい方で、私の話をじっくり聞いてくれましたよ。

歯の治療のほかに、毎月1週間は毎日しこりができたり、乳腺炎になりかけたり、
おっぱいノイローゼになりそうだった等、泣きそうになりながら話しました。
大変だったこと、理解してくれました。

そして、私は母乳分泌過多らしく、徐々に母乳を減らしていくやり方ではなく、
薬で一気に止めようということで、カバサールというお薬を1錠(1mg)処方して頂きました。
もしかすると1錠じゃ効かないかもしれないから、その時は1週間後にまた処方するね、と。

カバサールを飲めば、すぐに張らなくなるわよ~と聞き、金曜の夜に決行することに決定!!

そして、決戦の金曜日。
夜にレオにたっぷりと最後の授乳をして、
「6ヶ月間、おっぱい飲んでくれてありがとうね」とお礼を言い
薬を飲んで寝ました。

本当の戦いはこれからだなんて、その時は思いもしませんでした。。。
詳細は「完母→完ミへの道のり ~④断乳の記録~」を参照。


カバサールで断乳した感想は、
 ・副作用の吐き気が辛かった。
 ・薬を使用すれば楽に断乳ができるかと思いきや、
  特に最初の3日間は辛かった。
 ・1週間たっても、おっぱいが痛い。
です。

上記のことを助産師さんに言ったら
「Yukiさんは、生後半年という母乳がたくさんでるときだったから、
 もし薬なしだったらこれ以上辛かったわよ。
 きっと何リットルも搾らなきゃいけなかったんじゃないかしら。」
と言われ、ひゃ~~~薬を飲んでいて良かったーーーと思った私。


それでは、最後に教訓を一つ。

  教訓 : 断乳は、旦那が1週間ほど休みを取れる日を選ぶべし!

テーマ:育児日記
ジャンル:育児

完母→完ミへの道のり ~②哺乳瓶選び~

2010.09.18 17:02|完母→完ミ
前回の「完母→完ミへの道のり ~①ミルク選び~」で、
ミルクは「はぐくみ」というところまで決まりました。

ミルクが決まってほっとしたのもつかの間、翌日「はぐくみ」を哺乳瓶にセットして、
自信満々にレオに飲ませようとしたら、、、飲まないのです。
哺乳瓶見ただけで、ギャン泣きです。
う~ん。

そこで、急きょ母乳を搾乳して哺乳瓶にセットして飲ませようとしました。
くわえさせても、レオは泣きながら乳首を噛んで対抗。

そうか、哺乳瓶の乳首が嫌なのかっ!

というわけで、次は哺乳瓶選びをすることになりました。



乳首には形状や素材、ミルクがでる穴の大きさ等の違いがあり、その種類も豊富です。
というか、豊富すぎて何を選べばいいのか分からなかったのです。

そこで、まずは哺乳瓶の乳首の素材の違いを調べてみました。

天然ゴム
 適度に弾力性があり、おっぱいに最も近い感覚。
 独特のゴム臭あり。
 傷つきにくいが、熱に弱く耐久性がやや落ちる。

 ※天然ゴム製品を出しているメーカー
  NUK(ヌーク)

イソプレンゴム
 弾力性があり、おっぱいに近い感覚。
 かすかなゴム臭あり。
 熱にはそれほど強くない。
 耐久性は、天然ゴムとシリコンゴムの中間くらい。

 ※イソプレンゴム製品を出しているメーカー
  ピジョン、チュチュベビー

シリコンゴム
 無味無臭。
 耐久性に優れ熱や薬液に強いが、傷つきやすい。
 天然ゴム製よりややかたく、滑りやすい。
 
 ※シリコンゴム製品を出しているメーカー
  全メーカー


はい、全種類買いましたよ~(涙)

天然ゴムはヌークからしかでていないので、「NUK プレミアムチョイスほ乳びん」と、
イソプレンゴムは、ピジョンの哺乳瓶をチョイス。
で、念のためドクターベッタの哺乳瓶(乳首はシリコンゴム)を購入。

レオは、産院でヌークのおしゃぶり(天然ゴム)を使っていたことがあるので、
大大大本命はヌークです。

まずは、ヌークの哺乳瓶に搾乳した母乳を入れて、お風呂上りに飲ませました。
最初は???という顔をしていたレオだけれど、知っている味だと分かったのか、
なんとゴキュゴキュ飲んでくれるじゃないですかっ!

念のため、搾乳した母乳で4日間ほど様子をみて、
自分から哺乳瓶を口に持っていこうとするくらいになってくれたので、
今度はミルクを入れて飲ませたら、問題なく飲んでくれました。

他の哺乳瓶&乳首も試してみましたが、いずれも飲んでくれました。
その中でもやはりNUKが一番好みのようです。

というわけで、NUKに決まりっ☆


ちなみに、最初はNUKの天然ゴムを使っていましたが、
飲んでいるときに哺乳瓶の空気がうまく抜けず
乳首がベコっとへこんでしまうのでシリコンゴムにしました。

天然ゴムの方が好きみたいだけれど、シリコンゴムでもグビグビ飲むし
へこまないので、シリコンゴムでいこうかな~。


さてさて、次は「完母→完ミへの道のり ~③カバサールで断乳~」に続きます。

テーマ:離乳食・幼児食メニュー
ジャンル:育児

完母→完ミへの道のり ~①ミルク選び~

2010.09.18 16:55|完母→完ミ
完全母乳でやってきていますが、完全ミルクにしたいと思います。

おっぱいトラブルで悩んだのも理由の一つですが、
今年中に親知らずを抜く手術を2回しなければならず
最低3日間は母乳をあげれないのだそうです。

それで、くじけて辞めかけた「完母→完ミ」を再度挑戦するぞっと
思ったわけです。

その夜にベビザラスまで自転車を飛ばし、
主要なミルクのお試しサイズを買ってきました。

P1000279_2.jpg

そして、まずはアイクレオのミルクで挑戦


なんだろう、これ。ゴクゴク。。。

P1000131_3.jpg


その後、おえーと口からだし、えずいて終了。ちーん。
完敗でした。

その後、数日間いろんなミルクをあげてみるものの、哺乳瓶を近づけるだけで泣き叫び飲まず。
何がいけないんだろう。
ミルクの味? ミルクの温度? 哺乳瓶?



そして日を改めて、リベンジ!

ミルクが駄目なのか、哺乳瓶の乳首が嫌なのか分からなかったので、
最初はスプーンでミルクを飲ませてみることに。

1.アイクレオのバランスミルク(グリコ)
 一番価格が高く、評判もいい。
 母乳に近く、便秘しにくく、母乳で育てたかのように固太りするとの評判。

 だけどだけど、、、これが一番レオには駄目だった。。。
 スプーン一口目で渋い顔。

2.はいはい(和光堂)
 病院等への広告はしないため、価格は一番安い。
 しかし品質は劣っているわけではないそうな。

 スプーン二口目で渋い顔。

3.ほほえみ(明治)
 粉ではなくキューブタイプなので作りやすいらしい。

 スプーン三口目で眉間にしわ。

4.はぐくみ(森永)
 最後に試したのがこのミルク。

 ドキドキしながら、一口目。
 おっ、大丈夫そう。
 四口目まで試して大丈夫そうなので、哺乳瓶に乳首をつけて飲ませてトライ!

 最初はちょっととまどったけれど、なんとか飲んでくれました。
 と言うわけで、「はぐくみ」に決定!


だがしかし、これで哺乳瓶からミルクを飲めるわけでなかったのです。

完母→完ミへの道のり ~②哺乳瓶選び~」に続く。

テーマ:育児日記
ジャンル:育児

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
2人は今何歳?

最新記事

最新コメント

カテゴリ

Yukiの本棚

プロフィール

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページトップへ