にっこりするおまじない

2013.06.05 17:38|3歳_L
レオは先月まで幼稚園に行くのを嫌がっていました。

そんなときに本屋で出会ったのはこちらの絵本。

てのひら (PHPわたしのえほん)てのひら (PHPわたしのえほん)
(2010/02/27)
瀧村 有子

商品詳細を見る



内容は、
幼稚園になかなか慣れることができない3歳の女の子が主人公です。
ママはたくさんたくさん考えて、いいことをおもいつきました。
それは、女の子のてのひらに、マジックでにっこりするおまじないをかくこと。

この本を読んで、号泣の私。レオはきょとーん。
お母さんのための絵本です。

今日は朝行くときぐずったので、手のひらに にっこりするおまじないをかきました。
レオはもうにこにこにこ~
にこにこで自分で制服を着て行きました。

手を洗ったらおまじないが消えちゃうんじゃないか、保湿剤をぬったら消えちゃうんじゃないか、そんな心配をしている彼をみてると、なんだか微笑ましかったです。



最近は幼稚園が楽しいところという認識もできてきたようだけれど、これまで幼稚園が好きじゃなかった理由が「車のおもちゃがないから」というものだと思われます(^^;

シンガポールで通っていた幼稚園は、車のおもちゃも乗り物もたくさんありました。
前の幼稚園が大好きだった理由は、車のおもちゃで遊べるからだったんだね。(今更納得)
今回の幼稚園は車系はなく、乗り物もないから嫌がったのか~。

でも、なかなか慣れないことを気にかけてくれた先生が廃材(ペットボトルの蓋や緩衝材とか)を利用して、レオに車のおもちゃを作ってくれて(その日のレオの興奮ぶりはすごかった)、幼稚園も楽しいじゃないかと思ったようです。

最近では、泥だらけになって遊んだり、家では幼稚園で歌っている歌も口ずさみ、楽しそうにしています

Comment

非公開コメント

| 2018.10 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
2人は今何歳?

最新記事

最新コメント

カテゴリ

Yukiの本棚

プロフィール

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページトップへ