家の内覧会

2013.09.24 18:10|おうち
とうとうお家を購入するっということで、今はそちらでいっぱいいっぱいだからブログにも整理がてらに書き出します!

縁あって、今のお家を見つけて契約。
先日契約が済んで、内覧会も終えたところです。


私たちは、内覧同行業者にお願いして同行してもらいました!


内覧会では「不具合の発見・指摘」が最大の要素であるようで、

 『ある程度知識をつけて挑まないと、何も出来ずに終わってしまうこともある』

とか、

 『指摘をしても「そんなもんです」と業者に言われて、何も言い返せなかった』

など経験者の意見を見ると不安になって。


自分たちで知識をつけるか、お金をかけて業者に同行を頼むか考えましたが、、
主人は今仕事が忙しく、知識をつける時間がとれないとのことで、あっさりと業者同行に頼むことに決めました


今度は同行業者選び。
もうネットを活用するしかありません!
ここらへんは私の出番です

口コミが良さそうなところをピックアップして、HPをみて判断。
金額は高めになってしまったけれど、内覧を終えた今、頼んでよかったと思います。


内覧会が始まるや否や、同行業者さんは一人でどんどんチェックしていきます。
私は子どもたちの相手をするため戸外。主人が一人で植栽の説明や、建築業者からは家の中の説明をすべて聞いたり不具合探しをしてもらいました。

でも主人はチェックシートとか持っていなくて、おそらく話を聞くことでいっぱいで、細かいところをチェックできなかった気がします。。

なので、

床鳴りとか大丈夫だったっけ?
そういえば食洗機が動くこと確認したっけ?

と、後からでてくるでてくる。
そんなときは、内覧同行業者さんから頂いた報告書を見直すわけです。

例えば、リビングダイニングの「床」では、「床鳴り」や「浮き・沈み」「接着状況」などその他たくさんのチェック項目があり、「施工状況は良好」と書かれていたりします。

階段や部屋の傾きとか、床下・屋根裏の湿度や目で見える範囲の施工状況もチェックしてくれたりします。

同行業者さんの調査に、おんぶに抱っこですね。。
でもその結果、大きな問題はなかったのでほっとしています。
内覧会が終わっても、アフターフォローもしてくれるようなので、そちらも心強いです。


次は、今週末のインテリアオプション会です
その他、ダイニングセット、フロアコーティングを現在検討中。

ダイニングセットはカリモクでほぼ決定
それに合わせて、カーテンと照明を決めようと思います。

フロアコーティングについては、また次回書きます!

Comment

非公開コメント

| 2018.08 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
2人は今何歳?

最新記事

最新コメント

カテゴリ

Yukiの本棚

プロフィール

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページトップへ